きょうのおみや

2009年12月12日

きょうのおみや

桜山のドイツ菓子「ブルーデル」さんのレープクーヘンハウスといいます。 

レープクーヘンハウス訳すと「おいしいお菓子の家」です。

クリスマスが終わったらゆっくり分解して食べるように、その頃に一番おいしくなるように作ってある、と書いてある…

ごひいきのお客様から毎年いただきますが、未だかつて私の口に入ったことはありません。

何処へいっちゃってるんでしょう…



mon1966 at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月01日

きょうのおみや&おとりよせ

赤ふくついたちもち4月赤ふくの朔日餅(ついたちもち)。
4月はさくら餅でした。

山の旅人さんの奥様、いつもごちそうさまです。



木の花屋1こっちは自分でお取り寄せの季節の味。
しょうがはちみつと春の野菜みそ(せり入り)。

もうひとつふき味噌もありましたが、すでに開けてちびちび始めちゃってます(^^ゞ

木の花屋(このはなや)さんは、漬物樽にクラシックを聴かせて熟成することで信州ではかなり有名な漬物屋さんです。

社長は我らてくてく部長とヨット学生日本一のチームメイト。その縁で7年前勝川弘法市を始めた頃、はるばる信州から出店していただいてたんです。

善光寺の門前にもお店があり、私は帰省の度に必ず寄る。

そんな情操教育の漬物に私は呑みながらビートルズを聴かせてるが、義父はなんと自分の演歌を聴かせてるらしい…

学んだことが活かされないのは世の常…

mon1966 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

きょうのおみや

孝和堂桜餅孝和堂さんの桜餅と草餅。

おいしかったです、ごちそうさま。

mon1966 at 20:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月02日

きょうのおみや

チョコリング天使のチョコリング。

直径20センチはあるけど、
ペロッとイケちゃった…  そうです

ごちそうさまです。

mon1966 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月14日

きょうのおみや

つまみぐいシャンデリアの学生さんのおみやげ。
サザエさん一家のとてもたのしー人形焼をいただきました…
人形焼サザエさん

mon1966 at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月07日

きょうのおみや

とらやの『高根羹』。

大正時代の見本帖にその銘が残る神々しい富士山をかたどった羊羹です。
とらや1とらや2

mon1966 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月10日

きょうのおみや

当店に来ないと一日が始まらないTさんにいただきました。
お家の庭に生る秋の味覚3種盛。

次郎柿。
あけび。
フィジョア。ニュージーランドではポピュラーな果実です。半分に切ってスプーンですくえばちょっと葡萄に似た風味がする…

どれも食べ頃で甘くてジューシーでした。

アケビ1



mon1966 at 18:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月21日

きょうのおみや

きょうのおみやは、

Meli melo の塩シューでした。

写真撮るの忘れて食べちゃいました・・・

mon1966 at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月06日

きょうのおみや

タイのプリッツ。

お客様のおみやげです。口に入れたときは普通の味、後でくる辛さがタイ風。

タイのプリッツ

mon1966 at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月04日

きょうのおみや

高校時代のサッカー部、女子バスケ部の同窓会で信州へ帰省しました。
30年の月日経ち、再会のうれしさ極まり楽しさ余って朝方まで飲み交わし、寝不足のまま翌朝小布施へ・・・

母の実家は、巨峰の収穫最盛期でした。

小布施巨峰栗














サッカーバスケの皆さんへ

びくらでの写真、よく撮れてますよ。皆さん上手に年取ってます。
欲しい方は、mon%o-cobo.com までメールください。

mon1966 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月29日

きょうのおみや

ケーニヒスクローネのどら焼。

お客様にいただきました。どら焼きは僕の口には入りませんでした。手前のパイはヴォーノでした。

ケーニヒスクローネのどら焼

mon1966 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月23日

きょうのおみや

ヤマトの「柿の葉ずし」。

高野山にお出かけだった大弘法の住職にいただきました。標高1000Mの高野山はもうかなり寒かったそうです。

柿の葉ずし

mon1966 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

きょうのおみや

HORIの夕張メロンピュアゼリー。

以前勤務していただいたパートさんからいただきました。夕張といえば一にも二にも「メロン」です。他の事であまり有名にならないようにして欲しい・・・
夕張メロンのピュアゼリー

mon1966 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月12日

きょうのおみや

蔵元 玉村本店の志賀高原ビール。

信州の妹から送られてきました。どうも志賀高原という響きに弱い私です。小さい頃は毎年何回も夏も冬も志賀高原に行って遊んだからでしょう。こんなビールはうまいに決まってます。

志賀高原ビール

mon1966 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月18日

純情きらり

自分で買ってきたお土産、カクキューの味噌キャラメル。

商店街の用で蒲郡に行った帰り、以前から気になっていた岡崎の「大正庵釜春」に・・・釜揚げうどん発祥の店とあってほとんどの人が釜揚げを注文していました。うどんはもちもちで特にダシのきいたつけ汁がうまい。天ぷらはごま油で揚げてあって香ばしく・・・ 赤ちゃんからお年寄り、ファミリーありビジネスマンあり、幅広いお客さんで賑わってました。

歩いてすぐに「純情きらり」でお馴染みの宮内庁御用達八丁味噌の「カクキュー」があり こちらは江戸の初期360年18代の老舗。全国で数人になった桶職人の味噌桶で製法を守り通すのは大変だそうですが続けることの重要さを感じます。となりの「まるや」と2軒で作られる味噌だけが八丁味噌というそうです。

大正庵釜春は明治の創業。今回は伝統を守る2軒の老舗に訪問し深くて重い何かを感じることができました。

味噌キャラメル












大正庵釜春
カクキュー

純情きらり

mon1966 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月03日

小幡産とうもろこし

お客様の家庭菜園で採れたとうもろこしをいただきました。守山区小幡で採ったばかりのものを茹でてすぐに持ってきてくれました。新鮮で甘くて愛情たっぷり?でめちゃおいしい・・・  食べ物には産地より大事なものがたくさんあります。

とうもろこし

mon1966 at 21:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年06月28日

今日のおみや

珍しいせんべい二つ。

七夕せんべい(桂新堂)弘法市の出店者の方からいただきました。桂新堂の七夕バージョンのえびせん。ささの葉さらさら・・・と書かれています。






南部せんべい岩手県一関市に帰省のお客様からのお土産。南部鉄瓶の蓋のようなせんべいでした。震災の被害は意外になかったようでなによりでした。

mon1966 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月24日

今日のおみや

竹風堂の「お一人さま栗ようかん」

先日突然やって来た妹一家のお土産です。母の故郷小布施町の代表的な栗菓子。奪い合い必至の人気です。

お一人さま栗ようかん(竹風堂)

mon1966 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月14日

今日のおみや

人形焼1人形焼2






東京へ出張のお客様からいただきました。お馴染みの『人形焼』です。誰でも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

mon1966 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月05日

今日のおみや

鬼無里のおやき1鬼無里のおやき2







こっそり来て驚かそうと高校時代の同級生が突然やってきました。そのときいただいた『鬼無里のおやき』。
おやきは信州のファストフード。中身はもちろんそれぞれの家の味がありますし、特に外側の生地は地域の違いでまったく別のものになります。蒸かすところ、薄く油をひき焼くところ、灰の中にいれて焼くところなどいろいろあります。

それにしても突然の訪問に驚きと嬉しさで興奮してしまいました。
後でゆっくり味わう信州のなつかしさでした。

鬼無里に伝わる紅葉伝説

mon1966 at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)